INTERVIEW

【社員紹介】

林田 麻理子

MARIKO HAYASHIDA
マーケティング部/サービス企画グループ

ウェルクスにきたきっかけとこれまでの仕事内容を教えてください。

もともと人材業界に憧れがあり、未経験でしたが、チャレンジしたいと思っていました。中でもウェルクスは「福祉に特化している」という点に惹かれました。彼氏(今の夫)が介護士だったことと、母親がNPO法人で介護職員初任者研修の資格取得講座の運営と無償でお仕事先を紹介している取組みをしていたのでピンと来ました。

そして、産休前も現在も「介護のお仕事」のキャリアアドバイザーとして勤務しています。 お電話にてご登録いただいた介護職の方に要望をお伺いし、ご希望に沿う求人をご提案しています。また、事業所様の開拓にも力を入れています。妊娠中は、体調があまり良くなかったこともあり、できるだけ定時である18:30か遅くとも19:00には帰るようにしていました。体調と折り合いをつけつつ、自分のできる範囲で業務を終えられるように工夫していました。

産休育休中に不安だったことはありますか?

会社の成長スピードが早く、人数がとても増えたことです。ほぼ同じ期間で産育休に入った社員が3人いて、その内の1人がオフィスに遊びに行ったと聞き、自分も行きたい!と遊びに行くことにしました。ただ、産休育休に入っている間に社員数がどんどん増え、知らない人の方が多い状況だったので、遊びに行って受け入れてもらえるかすごく不安でした。後輩に玄関まで迎えにきてもらうくらい怖かったです(笑)実際に行ったら、産休に入る前に一緒に働いていたメンバーが駆け寄ってきてくれて、とても嬉しかったです。

職場復帰して変わった点や感じたことはありますか?

時短勤務なので、出社は他の社員と同じ9:30、終業は16:30です。保育園のお迎えがある日は、16:45分発の電車に乗らないといけないので、残業は一切できません。時間が無い中、どうしたら生産性高く仕事が出来るか、以前にも増して真剣に考えるようになりました。また、一見ご紹介が難しいような条件の方でも、「本当にご紹介先は無いのか」「せっかく何かのご縁でお話ができたのだから、やれるだけやってみよう」と、 1人の方に対しての基本姿勢を大事に、限られた時間でも全力で取り組むようにしています。
入社して1年経たずに産休に入ることとなったので、産休前の不安はとても大きかったですが、周りに嫌な顔もされず、きちんと1年育休をもらうことができ、また同じキャリアアドバイザーとして復帰できたことにとても感謝しています。今は時短勤務で目標数値なども考慮してもらっていることを実感しているので、『ここまでしてもらっているのに、自分が成果を出さなくてどうするんだ!』 という気持ちを強く持つようになりました。目標達成に対する姿勢が以前より高まったと感じています。

また、育休中には介護士をしている夫の職場のイベントで、職員の方やご利用者様と交流をする機会が多くあり、その中で介護のお仕事の大変さを実際に目の当たりにすることができました。そして、実際に子どもを保育園に預けるようになり、保育士さんの子どもが好きなだけでは出来ない仕事量や内容、栄養士さんや調理師さんの100人を超える園児1人1人のために考えたメニュー作り・給食作りなども本当に大変な仕事だと実感することが出来ました。そんな方々のために、良い職場・良い時間を提供する仕事をしたいと改めて強く思い、仕事に対するモチベーションを上げることができました。

仕事の流れ

5:30 起床

起床、朝食、身支度、子どもを起こして朝食を済ませ保育園の準備をして出発します

9:00 出社

始業は9:30ですが少し早めの出勤をして、事業所様向けの対応をしています

10:00 架電

夜勤明けなど午前中に連絡が繋がりやすい求職者様へお電話し、面談を行います

14:00~16:00 事務作業

求職者様と事業所様のマッチングや面接日程の調整、営業報告作成など事務作業を行っています

16:30 退社

日報を送信し、今日の業務は終了!

18:00 保育園のお迎え

子どもを保育園へ迎えに行き、夕飯の時間です

19:30 子どものお風呂

子どもをお風呂に入れ、基本的に20:00頃には寝かしつける流れです

21:00~22:00 自由時間

ここでついに自分の時間!明日も朝が早いので22:00頃には就寝!
今日も一日お疲れさまでした…☆

仕事とプライベートの両立で気をつけていることはありますか?

保育園に子どもを預けはじめたばかりの頃、保育園の先生に「どこかで無理をすると体調を崩しますよ」と言われました。仕事は絶対に手を抜けないと思ったのでプライベートで手を抜いています(笑)幸い、夫も協力的なので、うまく両立ができています。皆さんに言いたいのは、『仕事と育児の両立は、出来ると思えば出来る!』ということです。 最初からできないと決めつけずに、まずは出来ると思ってやってみてください。

今後の目標について教えてください。

キャリアアドバイザーとしての理想像があります。事業所の方からは、「林田さんだからお願いしたい」と信頼され、求人を紹介してもらい、求職者の方からは、正確な情報でお仕事先を見つけてくれる、頼りになる存在だと思ってもらえる、そんなキャリアアドバイザーになりたいです。売上目標ももちろん大事ですが、それだけではない付加価値をつけていきたいと思っています。

「介護のお仕事」は、介護業界に特化した人材紹介サービスです。
デイサービスや特別養護老人ホームはもちろん、有料老人ホーム、訪問介護、放課後等デイサービス、グループホームまで、豊富な求人をご用意しています。対象職種は、介護職・ヘルパーですが、ケアマネジャーや児童発達支援管理責任者をご希望の方もご相談下さい。業界専門のキャリアアドバイザーがスピーディーかつ的確な求職・求人支援をしています。