INTERVIEW

【社員紹介】

由井 和穂

KAZUHO YUI
DR(ダイレクトリクルーティング)事業部
チーム長

ウェルクスへの入社経緯を教えてください。

前職へ入社し6年目が経った頃に自分のキャリアについて考え始め、これまでの経験を活かしながら社会貢献性の高い事業に携わりキャリアアップしたいと思いました。新卒では保育業界を経験しており、教員免許も持っていたため一般企業に限らずあらゆる道を模索していました。
そんな中でウェルクスの求人を見つけ、人材業界で保育に特化している企業の存在を初めて知り、事業内容と社会貢献性が非常に高いところに魅力を感じました。また、私自身保育業界の大変さと転職をどちらも経験しているため、これまでの経験を活かせる場でもあり、私のやりたいこととの親和性もありました。
面接では社長の三谷さんと話す場があり、三谷さんが目指す福祉業界の課題解決に魅力を感じ、この人についていきたいと思いました。当時の部長やチーム長も面接の場にいたのですが、フランクに世間話のようなお話をし、明るい職場であることや成長していく可能性が高い会社だということが伝わりました。三谷さんの目指す未来に向けて一緒に走っていく人たちが集まっている会社だと分かったのも決め手の一つです。

入社して数年経ちますが、入社時に感じていた会社の成長を実感しており、以前より実績を出すことに社員が責任を持ち始めたところが良い変化ですね。それぞれの役割を責任もって全うすることを会社一丸となって考え、実行していく組織になりました。そのような組織になってこられたのは、考えることの重要性について研修を通して教えてもらったことがきっかけですね。考える力を身に着けていかないと自分自身や会社の課題を解決する術が分かりません。一人ひとりが課題に向き合い考えて実行していくことが必要だと組織全体に伝わり良い意味で変化してきました。

キャリアアドバイザー職から新規事業であるDR(ダイレクトリクルーティング)事業部へ配属されて大変だったことや意識された点はありますか?

事業のベースを作っていかないといけないというプレッシャーが強くありました。ウェルクスにとって新しいチャレンジだったため、数字を追いながらメンバーの育成をし、私自身のスキル向上も同時にする必要があったため、時間の猶予なく成果を上げる必要があった点が大変でした。
また、「法人を理解する」ということを今も昔も変わらず意識しています。ただ、その理解の性質はキャリアアドバイザーの時と少し異なりますね。具体的には、キャリアアドバイザー時代は、法人の訴求ポイントをきちんと理解することに努めていました。法人側は自分たちの求めている人材を採用できないと自分たちの理念へ辿り着けません。どのような人だったら法人のミッションやビジョンを達成できるか、求職者の場合はどのような法人であればご本人のキャリアビジョンを実現できるか?を理解し、法人と求職者の双方にとってベストなマッチングを意識していました。

今のDR(ダイレクトリクルーティング)事業部では、採用にまつわる様々な課題を細分化し、その打ち手を提案することがメインのため、単に人材獲得できればいいというわけではなく、その過程にある課題を解決しながら企業に最適な方法で人材獲得してもらうよう支援しています。そのため、この先どのような計画を立てていくか、過去はどうしていたか、どこが本来あるべき姿と乖離があるのかの要因を突き止め、どのような状態にすると本来あるべき姿との差分を埋められるか?を理解するよう努めています。

スピリットの中でどれを最も重視されていますか?

全部重要ですし一つも欠けてはいけないと思っています。
中でも入社以来一貫して重視しているものは「BE GRIT」です。これをより意識したタイミングは大阪支店へ転属したときです。大阪支店の立ち上げから携わりましたが、目標数字の中で人を育てていくこと、不慣れな場所での営業活動など様々な壁にぶつかりました。そんな中、ふと三谷さんとのお話を思い出しました。
入社して3か月目にチーム長代理のお話しをいただいたものの、前職でマネジメント職の大変さを痛感しており一度お断わりしたのですが、拝命した後に研修を通していただいた内容です。
「たくさんの失敗を自分も経験し、中には改善できないようなものやまだ改善策を見つけられていないものもあると思うが、一度も失敗したことのない完璧なリーダーよりも、失敗し、後悔し、再度立ち上がったリーダーの方が強く信頼できる。もっとできたはずだという強い思いがあるからこそ成長できるものです。」

そのことを思い出し、三谷さんへ「今、私はどうしようもない局面ではあるが、成長のための大きなチャンスと捉えて頑張ります」といメッセージを大阪から送りました。そしたら三谷さんから「負えない手順は悔やまない。くじけずに頑張ってほしい。”BE GRIT”という言葉を今の由井さんに送るよ」というお返事がありました。
その言葉から、困難な時でもくじけずに立ち上がり、やり続けることができたからこそ、今があると思っています。
「BE GRIT」は今までの自分とは違った形で重要になっています。会社のビジョン達成のために今非常に重要なものだと思います。

やりがいと今後の目標を教えてください。

本質的な課題解決に携わっていると感じられるところがやりがいです。
法人の課題によってDR、人材紹介、人材派遣、求人広告など複数の手段を提案できることに魅力を感じています。私たちがやるべきことは、一つの採用手段を選択してもらうことではなく、保育業界の課題を解決することです。課題は多岐に渡り、その背景や要因を探ると私たちにできることがたくさんあります。
今後も保育業界の課題解決のために包括的な支援ができるよう尽力していきたいです。