INTERVIEW

【社員紹介】

三塚 遥華

HARUKA MITSUDUKA
キャリア事業部 保育第1チーム
キャリアアドバイザー

ウェルクスへの入社経緯を教えてください。

前職ではブライダル業界で働いており、結婚をきっかけに、長く働けてよりキャリアを積める先を求め転職を決意しました。転職活動当初はバリバリ働ける営業をやりたいとは思っていましたが、希望の営業スタイルややりたい業界などは特に決めていませんでした。
初めての転職で分からないことだらけだったため、登録した転職サイトのアドバイザーさんに分からないことや知りたいことを片っ端から質問し、話していくにつれお勧めされたのが人材紹介業界でした。そしていくつか紹介していただいた企業の一つがウェルクスです。

ウェルクスの面接は楽しかったことを覚えています。面接では私が今までどんな思いで、どんな業務をしていたかを深堀してもらい、私自身のことをしっかり聞いてくれました。面接自体はきちんとしていましたが、堅苦しい雰囲気はなく自然体の私でいられたと思います。二次面接はコーポレート本部長が面接官だったのですが‥実はとっても怖く(笑)一次面接と真逆の雰囲気でした。ただ逆に私はそれが好印象で。初めての転職で、面接も慣れていなかったのでその雰囲気に圧倒されましたが、私が入社して本当に活躍できるのかどうかを見極めてくださっているんだなと受け取りました。また、とにかく人が欲しい企業さんだと面接を怖い雰囲気には絶対しないと思ったので「この会社は大丈夫」と安心にも繋がりました。入社して他の人に聞くと「全然怖くなかった」という話しか聞かないので、あえて私には怖い人を演じていたことが分かったのも今では笑い話です(笑)

ウェルクスを最終的に選んだ決め手は人です。採用担当がいい人なのはどの企業も同じ。見るべきは実際に一緒に働く人だと考えていました。ウェルクスでは面接後のオファー面談や社内見学で採用担当以外の社員を知ることができました。明るくて優しそうな人が多く、温かさがあると感じて入社を決意しました。

売上目標を達成し続けている三塚さんですが、どんなときに入社して良かったと思いますか?

自分が担当した保育士さんの就職先が決まり「本当にありがとうございました」と言ってもらえたときです。保育士さんと私たちキャリアアドバイザーが繋がる「転職」されるタイミングは、少なからず不安をお持ちだったり現状を打破したいというお気持ちの方が多いですが、転職先が決まったときは当初の不安が払拭され将来に対するポジティブな気持ちになっています。そんなお姿を拝見したときは「人のことを少しは幸せにできたのかなぁ」と思え、やりがいに感じる瞬間ですし、連続して目標を達成できているのは一人でも多くの人のために動けている証拠でもあると感じます。また、転職という人生の大事な選択の場面で私のことを信頼してくれて深い絆を築けたと思える瞬間でもあり、電話でのやり取りがメインである中でも関係を築けたときは本当にうれしいです。
関係を築くために、私は非対面で求職者の方と信頼関係を築けるよう人に合わせて自分を変えるということを意識しています。新卒から『カメレオンになれ』と言われ続けてきたので、人に合わせて対応方法や自分の見せ方を変えるということは今でもやっています。私の電話応対を聞いているといろんな三塚を見れると思います(笑)

もう一つの入社して良かった点は、人が優しいところです。入社の決め手は人のよさでしたが、入ってみたら良い人しかいないじゃん!と最初の1ヶ月で改めて実感しました。ウェルクスには何回聞きに行っても手を止めて答えてくれる人が多く、質問もしやすい環境です。そのおかげで私の成長スピードも速くなり、入社してすぐにコンスタントに目標達成できているんだと思います。

入社して成長したと感じる点はありますか?

2つあります。
1つ目は、法人営業ができるようになったところです。ウェルクスは求職者対応と法人対応を両方1人の担当者が行ういわゆる両面型の営業スタイルです。前職では個人対応だけだったため、初めて法人対応をやるようになって今までの顧客対応とは全然違うと思いました。法人の採用担当者の方に対しての営業のかけ方など今まで経験してこなかった部分ができるようになり、成長したと感じます。

2つ目は、今までより思いやりを持って仕事をするようになったところです。キャリアアドバイザーは1対1で求職者様と向き合うため一見個人プレーに見えますが、実はキャリアアドバイザー同士の協力が必要です。今はエリアごとに担当が分けられていますが、自分一人のエリアで対応できないことがおおいにあるため、別エリアの人と協力して紹介を進めることがたくさんあります。他の方の協力があって成功するものですから、自分のことよりも相手への思いやりを持って先手を打つというところができるようになりました。

スピリットの中でどれを最も重視していますか?

どれも共感しますが、強いて言うなら「BE GRIT」です。やり抜く力は何事においてもとても大事なことだと思っています。私は結果がたとえ失敗で終わったとしてもその過程で小さな失敗や成功がいくつもあり、その積み重ねが大事だと考えているので、辛くても「自分はやり切った」と思えるように仕事をしています。例えば、自分が今できそうなことを閃いたとき、やっぱり実行するのは止めようかと思ったり時間がかかりそうだからと後回ししそうなものがありますが、自分が一度思いついたことやできると思ったことは全部やり切るようにしています。

今後の目標を教えてください。

楽しく仕事ができる保育士さんを一人でも多く増やすことです。転職される方は何かしらのお悩みや現状を変えたいという思いのある方が多いため、悩んでいる方のお話を聞いて悲しくなることがあります。私は人生の大半を占める仕事を楽しみながらできるか、辛いと思いながら過ごすかによって人生の幸福度が変わってくると考えています。一人でも多く楽しく仕事をしてハッピーな人生を送ってほしい。そのために一人ひとりの求職者様に寄り添って最適な転職先を一緒に探していくことを続けていきたいです。

三塚さんの1日の流れ

スケジュールは日によって異なり、自分でコントロールできます

    

11:00   出社

          求職者様と繋がりやすい夜の時間に合わせて朝は遅めに出社
          タイムシフト制のため営業しやすい時間帯に合わせて勤務時間を決めます

    

11:15   朝会

          スピリットに基づいたエピソードトーク、チームの進捗や案件を共有
          チーム目標達成のためにも日々他メンバーの状況を把握し切磋琢磨します

    

11:30   求職者様対応

          メール・LINEのチェックや新規で保育のお仕事にご登録いただいた方へお電話
          求職者様とは隙間時間に返信しやすいLINEでやり取りすることが多いです

    

12:30   お昼休憩

          オフィス近くの飲食店でランチ
          アメ横も近くにあるため、ちょっとした買い物をするときもあります

    

13:30   面接同行

          ご紹介した保育園と求職者様の面接に同行
          園の雰囲気を知ったり面接の場に行き成約につなげます

    

16:00   法人対応

          求職者様のご紹介や新規求人の確認、面接終了した別の求職者様について所感をヒアリング

    

18:00   求職者様対応

          2度目の求職者様タイム
          一番繋がりやすい時間帯のためガッツリ架電します

    

21:00   退社

          お疲れ様でした!