INTERVIEW

【社員紹介】

柏原 彩加

AYAKA KASHIWABARA
キャリア事業部 保育グループ
チーム長

ウェルクスにきたきっかけを教えてください。

そもそものきっかけは新卒で就職活動をした際に人材紹介サービスを利用し、キャリアアドバイザーに興味を持ったことにあります。新卒では違う業種の会社に入社したのですが、転職を考えたときに人材紹介にチャレンジしたい気持ちがあり、ウェルクスを見つけました。いろいろと調べていくうちに社員のみなさんがきらきらしていて、クリーンな雰囲気が伝わり、入社したい気持ちが高まって応募をしました。
ただ、私は第二新卒で転職活動をしたので、大したスキルも経験もなく不安な転職でした。そんな中、面接で最後に質問はありますか?と聞かれ「第二新卒に何を求めますか?」と聞いたときに「楽しく働いてほしい」と言われたんです。自分の中では“たくさんのことを吸収して活躍してほしい”とか、よくある返答が来るんだろうなと思っていたのですが、予想外の回答で不安や緊張が一気に解消され、改めてウェルクスに入社したい!と強く感じました。

入社してから自分のチームを持つまで、キャリアアドバイザーとしての自分を振り返るとどうですか?

営業成績に関しては、入社時は目標達成から程遠く、不甲斐ない結果で終わる月が多くありました。気持ちはとても焦っていたのですが、今振り返ると全力は出せていなかったのだと思います。そんな低迷期が1年半くらい続きましたが、上司が変わったタイミングでマインドからフルリセットされました。すごく熱心にメンバーに向き合って指導してくれる方だったんですが、毎日の進捗管理で指摘を受けることが悔しくて、言われる前に先回りして行動するようになったんです。行動することで結果も付いてきて、達成することの楽しさを経験できるようになりました。今考えると、その時の上司が私の負けず嫌いを引き出してくれたんだと思います。その時考え方や行動を変えられていなかったら、今の私はないと思っています。

チーム長になってから課題に感じたことや気を付けていることがあれば教えてください。

社会人経験という観点だけでなく、人生経験に関してもまだまだ未熟なので、相談されたときに即時に回答できないときはすごくもどかしい気持ちになります。他の人だったらもっとうまく答えられていたのかなと不安になることもあります。
ただ、今私にできることを精一杯やろうと常に思っていて、毎日各メンバーと30分の時間をとって進捗確認をしたり課題感を聞いたり、コミュニケーションには妥協せずに向き合っています。
あとはやはり、私がウェルクスの面接で言われたように、目標に全力で「楽しく働いてほしい」とは常に思っていますね。

今感じているやりがいは何ですか?

チーム長になってからは特にですが、色々な人と話す機会が増え、発言力も増したことです。
社内でも部署問わず、話す人が増えました。
外部の方とミーティングをしたり、求人広告についてマーケティング部と意見交換をして自分のアイディアが広告に反映されたり、やりがいというよりシンプルに「楽しい」という感情に近いかもしれないです。
沢山の人の意見や考えを聞いて自分の中で落とし込んでいくことが好きなので、こういう人との関わりが増えたもことも、チーム長に挑戦して良かったと思えることのひとつですね。

今後柏原さんが目指している姿を教えてください。

私が上司から成長のきっかけを与えられたように、私も誰かが成長できるようなきっかけを与えられる存在でありたいです。
まずはチーム長として、メンバーが自分でも「柏原チームになって成長できた!」と気付けるくらい、影響力のあるチーム長になりたいと思っています。

「保育のお仕事」は、保育士・幼稚園教諭に特化した人材紹介・人材派遣サービスです。
全国の認可保育園、幼稚園、認定こども園、託児所、学童保育まで、幅広い求人をご用意しています。業界専門のキャリアアドバイザーが最適な求人情報をご紹介します。常時多数の保育士・幼稚園教諭・栄養士の登録を実現し、スピーディーかつ的確な求職・求人支援をします。