2018年7月18日 イベント

株式会社ウェルクス主催のスタートアップ企業の組織マネジメントに関するパネラー式勉強会です。
多くのスタートアップ企業が一定の組織サイズになる際に、マネジメント不全が発生し、成長が停滞する時期を経験します。

このことを、俗に「死の谷」と呼び、スタートアップ企業が成長し続けるために超えなければならない大きな課題であると言われています。

今回、そんな「死の谷」を乗り越えたマネジメント術のノウハウを、株式会社ウェルクス、47ホールディングス株式会社、株式会社フーディソン、株式会社ホワイトプラスの4社がご紹介します。

経営者のみならず、
全てのビジネスマンにおすすめのイベントです!
満員が予定されますのでお早めに!

【概要】
イベント名:「4社の経営陣から学ぶ」成長企業が成長し続けるためのマネジメント術
主催:株式会社ウェルクス
日時:2018年8月23日(木)18:00~21:00
人数:30人程度
会場:株式会社ウェルクス
東京都台東区上野3-24-6 上野フロンティアタワー13F
参加費:無料

【スケジュール】
18:00〜18:40: 受付
18:40〜18:50: 趣旨の説明 /主催者三谷挨拶/司会者挨拶
18:50〜19:15: 自己紹介&会社のビジョン
19:15〜20:40: 各論点※についてパネラーからのコメント
20:40〜21:00: 懇親会

※<論点>
・組織/マネジメントのあり方は、会社の希望で変化したか
・変化のトリガー及びドライブ要因となった事象
・マネジメント上の大失敗とそのリカバリー
・今の規模だからこそ起こるマネジメント上の課題

=======================================
【司会者】
▪石野幸助(いしの こうすけ)
2005年株式会社インテリジェンス入社。人材採用サービスの営業に従事した後、株式会社セレブレインへ。2012年にモバイルベンチャー企業にボードメンバーとして参画したのち、2015年3月に株式会社INST(インスト)を設立。
人材業界に向けたBtoCコミュニケーションサービスを自社で開発・提供。現在に至る。

【登壇者】
▪阿久根聡(あくね さとる)
2000年04月 株式会社みずほ銀行 入行 、2004年11月 株式会社エス・エム・エス 入社。管理担当役員としてIPOに携わり、その経験を生かしてまた1からチャレンジしたいと思い、2013年9月 47株式会社に入社し。
現在は47ホールディングス株式会社取締役副社長として活躍中。

▪山本徹(やまもと とおる)
1978年生まれ。北海道大学工学部卒業後、2001年4月、株式会社ゴールドクレストに営業職として入社。1年後に退社後、合資会社であったエス・エム・エスに入社し、2003年4月に株式会社化を機に取締役に就任、マザーズ上場を果たす。
退社後、ある出会いをきっかけに水産業界の現状に危機感を覚え、 2013年4月、株式会社フーディソンを創設、代表取締役に就任。

▪井下孝之(いのした たかゆき)
1982年、大阪府生まれ。2005年、神戸大学工学部を卒業、同大学院自然科学研究科に進学。在学中2006年7月、エス・エム・エスに採用が決まると、卒業を待たずに大学院は中退。
「3年で起業」の思いを抱いて社会人生活をスタートし、勉強会で知り合った2人と、2009年7月に株式会社ホワイトプラスを設立。代表取締役CEOとして現在に至る。

▪三谷卓也(みたに たくや)
1979年生まれ。東京大学教育学部卒業後、2002年4月富士通株式会社に入社、2006年9月株式会社エス・エム・エス入社後、マザーズ上場から東証一部上場まで経験。2012年1月、株式会社クレヴィスを設立し代表取締役に就任。コールセンター事業を中心とするアウトソーシング事業を運営。
2013年4月、第二創業として株式会社ウェルクスを設立し代表取締役として活動中。

皆様の参加お待ちしております!