移転準備

ミッション

移転準備タスクフォースのミッションは『広報効果があり、社員メリットのあるオフィスづくり』

2018年1月に本社移転を控えているウェルクス。
移転先のオフィスを『広報効果があり、社員メリットのあるのある』オフィスにすべく、社内の意見を募ったり、業者さんとの折衝を行います。

取り組んでいること

4月に移転準備タスクフォースが結成されてから2018年1月の移転に向け、段階を分け活動しています。


まずは、4月に社内パブ(社員の交流を目的に開催される社内イベント)でのワークショップや、社内SNSを利用してアンケートをとり、社員が新しいオフィスに何を求めているのか広く意見を募りました。

また、現在のオフィスでは社員数の増加に伴って会議室が足りない、という問題が出ているため、新しいオフィスでは会議室やミーティングスペースの増設が必須になってきています。どのくらい必要なのか、なぜ必要なのかというヒアリングから会議室の部屋数の設定まで行いました。

現在の取り組みとしては、エントランスのイメージを決定するためにメンバーで意見を出し合い、コンセプトを考えています。業者さんにコンセプトをお伝えし、複数案を出していただけるように依頼しています。そこからタスクフォースメンバーでブラッシュアップしていき、役員に提案、最終的には社員投票で決定していく予定です。

『広報効果があるオフィスづくり』という観点のためにも、会社として何を伝えたいのかという点をエントランスに表現するためにどうしたらいいのかを考えているところです。

そして、今後考えていくものとしてはサービスがあります。自動販売機の導入やオフィスコンビニ、お弁当屋さんの利用等・・・。
今後さらなる社員の増加を予定しているので、どのようなサービスが最適なのか情報収集が必要となってきます。

『社員メリットのあるオフィスづくり』のために、タスクフォースメンバーだけでなく、広く社員から意見を募った上で決めていきたいと考えているので、今後も出来る限り社員の声を聞けるよう考えながら移転準備を進めていきます。

移転準備 移転準備