コスト削減

ミッション

コスト削減タスクフォースは『コスト削減による利益改善』『年間2,000万(対予算)の削減』をミッションとしています。 コストの削減は社員ひとりひとりの意識がとても大切になってくるので日々コツコツと取組を行っています。

取り組んでいること

まず、コスト削減タスクフォースでは様々な部署にかかる経費を確認し、何にコストがかかっていて何を削減すべきなのかを調べました。
それに基づき以下の取組を行っています。


■毎日、携帯電話の利用とエアコンの温度等に関して共有し、意識付けを行う

日頃から意識付けできる箇所として挙がったのがエアコンや営業の電話です。電話は、社用携帯を使用したほうがコストがかからないので、固定電話より社用携帯の利用促進の呼びかけを行いました。エアコンはコスト削減だけでなく体調管理にも繋がるので大事な部分になってきます。

携帯電話の利用に関しては毎朝全社宛に呼びかけをしたことで意識付けができ、その結果固定電話代が100万円以上下がりました!



■ルーティンワークのロボ(自動)化による工数削減

小さな業務でもルーティンワークを自動化することで、生産性のある他の業務に時間を割くことができるので相対的な削減になります。
例えば、タイムカードの直行直帰や打刻漏れの修正を自動化する、などの改善を行いました。



■移転後の什器等の選定(機能性を重視したものの選定)

2018年1月に本社移転を控えているウェルクス。見た目重視で使いにくかったら意味がないので、安価だけど機能性もありその中で最大限見栄えのいいものを選定しているところです。

コスト削減