2017年6月29日

クラッシャー上司とは、執拗な叱責や暴言などその言動で部下を休職や退職に追い込む上司のこと。今回は保育士さんを中心とする104名を対象に調査を行い、保育の現場におけるクラッシャー上司の実態を探りました。

保育士や幼稚園教諭の人材紹介サービス【保育のお仕事】(http://hoiku-shigoto.com/)を展開する、株式会社ウェルクス(本社:東京都墨田区両国)は、読者を対象に行ったアンケートに基づいた独自のコンテンツを発表いたしました。

これは、職場における「クラッシャー上司」について、現役の保育士を中心とした読者にアンケート調査を行った結果を公表したものです。

一般的に、人間関係における悩みやトラブルが多いと言われる保育の現場において、クラッシャー上司と呼ばれる上司がどれくらい存在するのか、またその存在が、実際に保育士がキャリアを形成する上でどのような弊害をもたらしているのか、保育現場における現状と課題が伺える内容となっています。
 

調査の概要(一部)


「クラッシャー上司」とは、その名の通り部下を自らの言動で次々と潰してしまう上司のこと。感情の起伏が激しく、部下や後輩がミスをした際には必要以上に責め立てる、時にひどい暴言を浴びせるなどを繰り返し、部下を追い詰め、休職や退職に陥れてしまいます。

今回は保育士を中心とした104名の読者さまにご協力いただき、保育の現場における「クラッシャー上司」の実態を調査してみました。

まず、職場に「クラッシャー上司」に当たる上司や先輩がいるかどうかを聞いたところ、実に回答者の83%が「いる」と回答。「いない(5%)」「どちらとも言えない(11%)」「わからない(2%)」という回答を大きく上回る結果となりました。

続いて、職場にクラッシャー上司が「いる」と回答された方に、その上司が日頃どのような行動を取っているのか伺ってみました。

一般的にクラッシャー上司の特徴であるとされる行動のうち、当てはまるものをすべて選択してもらったところ、もっとも回答が多かったのは「自身がパワハラを行っていることに気づいていない」で90%。次いで「その日の気分次第で指示や言うことが変わる(78%)」「自分の気に入らないことがあると怒鳴ったり不機嫌な態度を取ったりする(74%)」「好きか嫌いかで人を判断する(72%)」という結果になりました。

◆保育士さんが職場で「クラッシャー上司」から受けたハラスメント事例

・「あなたは独りっ子だからわがままだ。あなたの性格が悪いから子どももそう育つ。」と言われました。仕事のことで言われるのは仕方ないですが、人格否定をされることは頭にきました。(35~39歳・保育士/正規職員・女性)

・自分が嫌いな職員に「園の8割の人があなたのことを嫌っている」と言って、退職に追い込んだ人がいます。(25~29歳・保育士/正規職員・女性)

・その人に言われたまま取った行動に対して、若い職員を泣くまで責めていました。(55~59歳・保育士/パート・アルバイト・女性)

続いて勤務先に「クラッシャー上司がいる」と回答された方を対象に、その上司からの圧力や暴言によって、実際に心身に不調をきたしてしまった方や退職してしまった方が職場にいるかどうかを伺ったところ、92%が「いる」と回答される結果となりました。

また、回答者自身がクラッシャー上司の言動によるストレスから、心身に不調をきたしたことがあるか否かについても伺ったところ、76%が「ある」と回答。保育士さんの職場において、このような上司・先輩の存在が大きなストレスになっている現状が伺えます。

◆心身に不調をきたした経験のある方の声

・無視や3時間に渡る説教がありました。体調が悪くなると「同情されたいの?」と言われました。(35~39歳・保育士/パート・アルバイト・女性)

・会議で晒し者のように非難されてしまい…仕事への意欲が沸かなくなりました。(25~29歳・その他保育関連職・女性)

・無視や、職員全員の前での非難を受けて、鬱病になってしまいました。(35~39歳・保育士/正規職員・女性)

職場に「クラッシャー上司がいる」と回答された方に、日頃どのような対処法を実践されているか伺ってみたところ、回答が多く集まったのは「できるだけ関わらないように避ける(53%)」、「家族など職場外の親しい人に相談する(49%)」、「職場の同僚などに相談する(47%)」などの対処法。「休職や転職を検討する」という方も45%いらっしゃいました。

一方で「あえて萎縮しないように心がける(20%)」「理不尽なことには異を唱えるようにする(言いなりにならない)(19%)」など、一定の対抗姿勢を示す方法については、少数派に留まっています。

最後に、職場にどのような体制、取り組みがあれば「クラッシャー上司」がいる職場環境を変えられると思うか、伺ってみました。

職場に求められる改善点として、最も多く回答が寄せられたのは「クラッシャー上司を容認する古い体制を崩す(園の責任者を変えるなど)」で57%。次いで「適切な相談機関を設ける(52%)」、「ハラスメントに対する罰則規定を設ける、または強化する(42%)」という結果となりました。

クラッシャー上司は、長年勤めてきた経験や、一定の成果を挙げてきたことなどから、その言動が黙認されているケースも多くあります。また園長など、更に上の役職からの信頼が厚い場合もあり、なかなか組織から排除、処罰されないという難しい一面もあるようです。

その体制を是正するためには、職場のコンプライアンスの見直しや、パワハラを許さない新しい体制づくりなど、古い体制を崩す取り組みも必要ではないでしょうか。
 
 

記事に関する詳細
【表題】「うちの園にもいる」が8割?クラッシャー上司に気をつけて!
【URL】https://hoiku-shigoto.com/report/trouble-at-work/crusher-superior/
 

アンケート調査概要
・実施期間:2017年6月16日~6月25日
・実施対象:
 保育士/正規職員(52%)・保育士/パート・アルバイト(28%)・保育士資格取得見込/インターン・学生(1%)・幼稚園教諭/正規職員(7%)・幼稚園教諭/パート・アルバイト(1%)・その他の保育関連職(8%)・その他(4%)
・回答者数:104人(平均年齢:36.95歳)
・男女割合:女性/96%・男性/4%

※お寄せいただいたご意見は一部抜粋しご紹介しております。 
 
 

■保育のお仕事とは?
保育士、幼稚園教諭専門の転職支援・適職紹介サービスです。主に転職や復職にて、保育園や幼稚園で働きたい保育士さん・幼稚園教諭さんと求人中の施設・事業所とを仲介する形で、復職・転職を全面的にサポートしています。公立保育園、私立認可保育園、認定こども園、準認可保育園、託児所、学童保育、病院内保育、企業内保育、託児所など、幅広い就業先をご用意しています。その他、保育に携わるうえで役立つ情報を【保育のお仕事レポート】を通じて紹介しています。
【URL】https://hoiku-shigoto.com/
 

■保育のお仕事レポートとは?
主に保育園、幼稚園にお勤めの方や、転職や職場復帰を検討されている保育士さん、幼稚園教諭さんを中心に、日々の保育や、転職活動に役立つ情報の提供を行っています。内容は子どもとの関わり方から、職場の人間関係の悩み、転職ノウハウまで多岐にわたり、さまざまなニーズに対応できるコンテンツをご提供しています。
【URL】https://hoiku-shigoto.com/report/
 

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ウェルクス
担当:白井
TEL:03-5638-6191 (代表)FAX:03-5625-6702
MAIL: yumi-shirai@welks.co.jp