MAO SATO

人事部 採用担当 佐藤

ウェルクスに来たきっかけを教えてください。

就職活動で説明会の日程が合う企業を探していたところ「ウェルクス」がありました。 世の中にこういう仕事があるのだなと驚きました。ウェルクスを受けるまでにも何社か受けていて、面接で自分が何を言いたいか分からずに終わってしまうことがありました。でもウェルクスの面接は違いました。 面接が終わった帰り道に「今日の面接は楽しかったな」と思えたんです。母親が保育士ということもあり、保育業界に携われる仕事内容に興味をひかれ、面接でいろいろな話ができました。 決め手は二次面接でオフィスの中を案内された時に、社員が自分の仕事を一旦止めて挨拶をしてくれたことです。すごく印象が良くて感動しました!入社した今は、自分も同じように挨拶することを心がけています。

今はどんな仕事をしているのですか?

2016年に新卒で入社し、保育のお仕事キャリアアドバイザー経験を経て、2017年4月に人事部に異動しました。現在は主に新卒採用を担当しており、会社説明会や面談、面接を行っています。

MAO SATO

入社する前に想像していた会社像と違いはありましたか?

ちょっと違いました! 自分の中の社会人のイメージがちょっと硬くて、黙々とパソコンに向かってカチカチしているイメージだったのですが、業務中のコミュニケーションの多さにびっくりしました。 自分の仕事の話をポロっと口に出した時にその話にみんなが答えてくれるのでその環境にビックリしました。 業務中楽しく仕事ができています。

仕事の難しさと楽しさをそれぞれ教えて下さい。

アドバイザーをしていた時は、電話やメールでのやりとりが多く求職者と顔を合わせることが少なかったので、人事になり面接や説明会に来てくださる方々と顔を合わせる機会が増えたときにはとても緊張しました。今は少し慣れ、緊張よりも多くの人とお会いし、話せることが楽しくなりました。 正直、難しいことは全てです。メール一通でもまだ頭を悩ませています。日々勉強だと思い業務に励んでいます。

仕事をする上でどんなことを大切にしていますか。

ひとつひとつを丁寧に対応していこうと思っています。 スピードも大切ですが、まずは丁寧に確実に取り組むよう心がけています。

今後の目標を教えてください。

直近の目標はすべての業務を覚え主体的に動けるようになること。まだまだ聞いてばかりなので自分の意思で動けるようになりたいです。

あなたにとってウェルクスはどんな存在ですか?

MAO SATO

「家」です! 相談できるお兄ちゃんやお姉ちゃんがいてとても安心感があります。みんな忙しいはずなのに聞くまでもない小さな疑問も、しっかり答えてくれます。良い意味で職場という緊張感がないので「明日仕事行かなきゃ(嫌だな)」という気持ちがおきず毎日楽しく出社できています。

ENTRY

あなたらしく働ける場所が、
WELKSできっと見つかる

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • 障害者採用
  • パート・アルバイト